プロフィール

 ♪ 鹿児島 太平 ♪

Author: ♪ 鹿児島 太平 ♪
  ☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆  卒業後中間点京都で会っていた友。何かに誘われるように、それがとても貴重であった。それぞれ仕事と家庭と忙しなく会えぬ時も長かった。その後、友は千キロ先の南の地に下った。が、運よく、出張、研修が二人の距離をまた縮めた。「やーTooru」(^0^)  「よー太平」(^_^)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

∞ 朋友コミュニケ (^Q^)
鹿児島と江戸下町に住む朋友とその仲間たちの記録 (若い奴よりもギラギラ耀いて、金持ちよりも優雅に、躓き後悔多々あれど、友よ、仲間たちよ、「萌え」・・♭・・♯・・ろ!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海鮮チジミ 美酒マッコリ
太平 殿

この前は、お世話になりました。笑顔のヒコさんにも会えて、韓国のお好み焼き(海鮮ちぢみ)やまっこりを堪能させていただき、楽しいひとときでした。次回は、5月・7月ごろ上京するチャンスがあると思います。
また連絡させてもらいます。    ★・・・ Tooru


 笑顔のヒコさんへ

 Tooru上京の折は、シンプルながらなかなかの美酒マッコリを二次会の席「マダン」(庭)でご馳走していただきありがとうございました。チジミも美味しかったです。Tooruからのメールにありますように、下戸のTooruが酒のことを書いてきたくらいですから、あの濁酒はいいですね。

 漸く暖かくなって来ました。ゴルフ練習場に行かれる時には、またお誘いください。
 それでは、イースタンで。    ☆・・・ 太平 


 太平さん、嬉しい便り、ありがとう。僕の大好きなチヂミやマッコリを西田のTooruさんも喜んでくれた・…なんて嬉しいね。
 ゴルフの練習は、やらない本番勝負です。でも1月沖縄小浜島のゴルフ場でコンペがありました。なんと優勝してしまいました。スコアーは98。20年振りに買ったミズノ生チタンのお陰です。    ★・・・ ヒコ


 笑顔のヒコさんへ

 先日はチジミとマッコリご馳走様でした。初めてでしたが、どちらも大変においしかったです。家に帰って、妻と娘に韓国の白いお酒おいしかったよと話したら、22歳の長女がマッコリでしょと教えてくれました。何でお父さんもお母さんも知らないのに、何であいつが知っているんだと思いましたが。長女は酒が強いのです。
 
 翌日、スーパーで似たような酒はないかと探したら、350CCくらいのボトルで濁り酒があったので、普段お酒を飲まない自分ですが買ってしまい晩酌しました。
先日のマッコリは本当においしかった。また、是非機会があったら行きたいです。

 明日は厚木で12:00~17:00までテニスの試合に行ってきます。

    ★・・・ 田園都市線の Masa


masa さん 今日は楽しい日曜日、深川の学校でテニスをやってます。いい汗かいてます。一度お相手をしてください。春の区民大会に今年もでます。  ★・・・ ヒコ


 いやーTooruに続いて 『Masa、貴殿もか』 お腹周りに比例して少しは飲めるようになったらしいが、Toorru同様「人生にコーヒーが無いと困るけど酒は無くても」 と言っていた Masa がねー。

 マッコリは池上線ガード下物語(グレ・ストーンさん共同経営のあの旨い焼肉屋)でも三合瓶に入った濁酒を味わう機会があるが、マダン(庭)のあの飲みやすさは思わず杯を寄せてしまう逸品でした。あれは、宮古島で味わった甕に入った古酒泡盛以来の味であったような気もする。まあ、あの時はお通り(沖縄の習慣)をしながらの宵で、昼間スキンシップをしていたギャルダイバーが隣にいたから、正直なところもう少し旨かったが・・・。

<円座で焼酎を回し飲みする「お通り」> ↓
http://www.tai-ga.co.jp/johositu/minijoho/bunkashukan/otoori1.html

 ワイン通はワインにうるさいというが、田崎さんが焼酎に目がないように、実は酒の味や文化そのものに興味があるのです。ハイ、美味しいマッコリにチジミ大歓迎。また行きましょう。    
  
    ☆・・・ 太平

Re:下戸たちがゲコゲコ笑ったマッコリ  

太平さん  こちらこそ、よろしく!  ★・・・ ヒコ

スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

西田の朋友 上京 一週間前
太平 殿

 宿泊場所が決まりました。東京マリオットホテル(錦糸町)です。研修の解散が2月25日PM4:00です。ただ、4月に上京する息子のアパートの下見をしたいと思っています。小田急線 永山駅から小平は、近いのでしょうか。その関係で、6:30~7:00ごろの会場到着となります。会場は、錦糸町でどうでしょうか。翌日(26日)は、9:05羽田発の予定です。以上、手配の方よろしくお願いします。 

★・・・ Tooru

  西田の朋友へ

出だしがこもって流れるのは昔の録音が悪いのか、それともアナグロの良さか。本日18日、シブタニ先生と良酒を束の間のひととき味わい、今、この間購入したONKYOのミニコンポを聞きながら、ユーミンのファーストアルバムを聞いています。

ふとしたきっかけで、恩師と再会することになり、また、若き日に共に苦行した友に会うことになりました。随分と長い月日がたち、人生の短さを思えば、それはあまりにも空白の日々であった。
 
何を話したというのでもなかったが、それは、何かひどく大切なものモノであった。

帰る道々話したことは、二人きりのせいか恥ずかしくもあった。歳を過ごしても成長しない50過ぎのいまだに劣等生の弟子。

人の人生は八十年なのだろうか。恩師は、元気にその歳の扉を迎えんとす。弟子は、分別盛りといえども、何一つ誇れるもののない自覚に満ち、気だるい重さと酔いの物憂さが、床に付きにくきまま何がしらに襲われ、ただ漂う。

今を生きることの意味に飢えるのは、与えられた自由なる時の羽ばたき
これは唯一許された贅沢なもの欲しき時のエゴの滲出 
ああ 動かざるもの 時過ぎぬ

☆ ・・・ 太平

テーマ:転勤生活いろいろ・・・ - ジャンル:ライフ

ひな祭りに薬膳料理 『天の配剤』
薬膳料理

 西田の朋友へ

 「粗食を尊ぶ」などとカミさんに言うと、「その粗食の素材が一番高い」との迷回答。確かに、無農薬や低農薬の食物やワインは思いの外値が張っている。

 飽食、豪華絢爛なる贅沢をしているつもりはないが、日々食の近代化というか、いつの間にか己の肉体を超えたカロリーを摂取し続けている現状も否めない。

 そういう訳でもないが、上巳(じょうし)の節句の今日、東京マイコーポ主催の東洋栄養学『天の配剤』なる講義とそれに基づく春の食事会に行ってきました。

 この手の話は、中国三千年の易経の意味合いが混じりどうにも馴染めないものであるが、食事会付きというバイオレット色の魔法のスプレーをかけられたのか、ノコノコ出かけたのでした。


① 「今の時代は肝臓が疲れる時代です。それは、肝臓の役割が解毒作用をつかさどるからです。汚れた空気にさらされ、飽食を処理し続け、ストレスという負担に耐えるというトリプルパンチの日々です。」

② 「夏に胡瓜やスイカができるのは、沖縄にゴーヤがあるのは意味のあることなんです。まさに『天の配剤』というもので、旬なる食べ物はその役割を担った栄養を運んでくるのです。ゴーヤの苦味には熱を冷ます作用があります。体に疾病がある場合は特定の栄養素を多く摂ることも必要ですが、風土に合わせ旬の食材を適宜にとることが調和のある体を作ることになります。」

③ 「最近は品種改良で、ホウレン草も生で食べれたり灰汁抜きしなくて済む根っこが赤くない緑の物も出てますが、これはおかしなもので、その分栄養の無いものになっています。これは大きな問題です。・・・日本は世界一水が美味しい国です。外国は、地下層にカルシウムが多いのでミネラルウォターが必要なんです。日本に無いのはカルシウムぐらい ですが、その分、日本人は昔から海草や小魚を食べてきました。」 

④ 「伝統食は先人の知恵の集積で、筍に山椒、らっきょうの酢漬け、スイカに塩、蕗味噌、インドカレーにヨーグルト、お汁粉に塩昆布、刺身に山葵というのは、脇役が実にいい仕事をするということなんです。五味五性を合わせるのが原則で、過ぎたる栄養分というのは害になるのですが、脇役はそれを調和させるというが素晴らしい働きをするのです。ちょっとの脇役が主役を最大限に活かす訳です。」

            (以上講師 武 鈴子さん 東京薬膳研究所代表)


 講演後、メルパルク料理長 依田毛佐則さんの料理を食べながら、依田さんが薬膳の料理方法を、武さんが出された一品の素材について興味深いエピソードを加えながら熱心に説明するといった、お腹も薬膳知識も一杯になったといったものでした。

 東洋哲学とか薬膳などと言われると?マークになりがちですが、旬な食べ物をバランスよくおいしく食べることが無病息災ボケ防止になるなら、また、「おばあちゃんの知恵袋」といった温かさで聞けば素直に聞ける、春近い一日でした。

              ☆・・・ 太平



 

テーマ:健康管理 - ジャンル:ヘルス・ダイエット



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。