プロフィール

 ♪ 鹿児島 太平 ♪

Author: ♪ 鹿児島 太平 ♪
  ☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆  卒業後中間点京都で会っていた友。何かに誘われるように、それがとても貴重であった。それぞれ仕事と家庭と忙しなく会えぬ時も長かった。その後、友は千キロ先の南の地に下った。が、運よく、出張、研修が二人の距離をまた縮めた。「やーTooru」(^0^)  「よー太平」(^_^)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

∞ 朋友コミュニケ (^Q^)
鹿児島と江戸下町に住む朋友とその仲間たちの記録 (若い奴よりもギラギラ耀いて、金持ちよりも優雅に、躓き後悔多々あれど、友よ、仲間たちよ、「萌え」・・♭・・♯・・ろ!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはぎ
やはぎ

このお店、なに屋に見えますか?
和菓子か江戸小物の店ですかねー。
場所は本所のど真ん中。両国や花柳界のある向島からもそれほど離れていない裏通りにぽつんと。

下町の風景や人情が薄れつつある時代、子供たちと大人たちの触れ合いが私の住む町内に少し残ってました。

 祭の夜や子供が集まるとき青年団が肉を焼き、集まった子供たちが何時の頃からか焼きあがった肉を喜んで食べる風景が。青年団と言っても、若い人が参加しないので私より上の人や少し年下が中心です。当初は、青年団飲み会のバーベキューだったのですが、団長の自宅が町会会館から近かったことや、とぐろを巻いて飲食いしていた心優しき男たちが、いつの間にか食べる人から焼いて子供たちの笑顔を見る人たちになってしまいました。

 「美味しい美味しい」と言って、焼きあがった頃に何度も紙皿を出す子供たちの顔には屈託がない。3年目のある日、ビール片手に盆踊りを見ていたら、次女が「お父さん美味しいよ」と嬉しそうな顔をして焼きあがった串肉を差し出した。手伝いも醵出もしないのにと思ったが、次女の気持ちを優先しました。
 食べてビックリ、実に美味しかった。その時は、飲みすぎたビールのせいもありそのままにしてしまったのですが、その夜、手伝いから戻った愚妻が、「お肉食べた?」と問いかけてきた。

 思わずギクッとして顔を見ると、
 「おいしい肉よねー」と猜疑とは違う満腹感を漂わせていた。

 面映く感じながら続きを聞いたところ、その夜は団長のポケットマネーが多かったのか、祭りに集まった大人たちも子供たち同様旨い肉に舌鼓を打ったとのことであった。

 10月、我が家ピカ一の味覚を持つ長女の誕生日を焼肉で祝った。しかして、この夜は何かいつもとは違っていた。

「ちょっと、たまには美味しい肉を」と言うカミさんであったが、張り込んだというよりも、何か肉そのものの素材が違っていた。家計を熟知したカミさんが突如散財することは考えられないので、含みを持つその微笑を覗き込むと、
 「青年団の団長さんに聞いてみたの。そしたら、町会で焼いていたあの肉、本所の『やはぎ』という店で買ったんだって」
 「ああー祭りの時の、肉」と一切れではあったが甦るものがあった。確かにこの味だ。
 「どうりで・・・旨いわけだ」
 「それで、場所を教えてもらって、買ってきたの。教えてもらっても迷よっちゃった」
 楽しそうに焼き、それを旨そうに平らげていく娘たちを見ながら、原材料だけの値段とはいえ、旨い前沢牛をポケットマネーでなんの拘りも無く黙々と焼いていた青年団の優しさに、今夜もその味が際立ったような気がした。

 いつか面白い肉屋があると話してから2年以上たった気がします。今日、カミさんに頼まれ自転車で買いに行く前に思い出しましたので、(買ったばかりの)デジカメをポケットに突っ込みました。土建屋Oさんの「下町のようなところにはいい肉屋がある」との、屠殺場か何かのような嫌な物言いは今もちょっと気になっていますが、一軒確かにいい肉屋があります。

 下町はいいよ。畑や追分だった所に横文字が増えたからといって、急に民度が上がったなど、シャラクセー。粋なところは大川の、潮風あたる界隈よ。シャナリシャナリ向島、団子といえば言問いの、春の香りは長命寺、言わずと知れた桜餅。

 『喰いねえ  ゝ  ゝ  、肉を喰いねえ肉を・・・、もっとこっちい寄んねえ、おう江戸ッ子だってね』
 『本所の生まれよ』
 『そうだってね、そうだってね。江戸ッ子だってねー。』
スポンサーサイト

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hoyo2000.blog50.fc2.com/tb.php/24-1041aeb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。