プロフィール

 ♪ 鹿児島 太平 ♪

Author: ♪ 鹿児島 太平 ♪
  ☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆  卒業後中間点京都で会っていた友。何かに誘われるように、それがとても貴重であった。それぞれ仕事と家庭と忙しなく会えぬ時も長かった。その後、友は千キロ先の南の地に下った。が、運よく、出張、研修が二人の距離をまた縮めた。「やーTooru」(^0^)  「よー太平」(^_^)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

∞ 朋友コミュニケ (^Q^)
鹿児島と江戸下町に住む朋友とその仲間たちの記録 (若い奴よりもギラギラ耀いて、金持ちよりも優雅に、躓き後悔多々あれど、友よ、仲間たちよ、「萌え」・・♭・・♯・・ろ!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンセント・ファン・ゴッホ
 Gogh 展 観てきました。

 何点か、ゴッホの母国オランダでないと見られない作品がありました。また、パリ黄金期のセザンヌ、シニャック、モネ、ゴーギャン等の絵もあり、展示を複眼的に鑑賞するコンセプトになっていて、ゴッホを違った角度から堪能することができました。

 昔、伝記で読んで記憶していた Vincent van Gogh  ビンセント・バン・ゴッホはおそらく英語読みで、フィンセント・ファン・ゴッホなのかと、つまらぬことに関心を持ったり、尊敬するミレーやドラクロワを模写した迫真なる絵のタッチ、浮世絵を初め多くのものからヒントを得ようとした執念なるものに、圧倒というより苦悩の悲しさを感じました。

 美術館を出ると、平日にもかかわらず長い行列が・・・。40分待ちとか。今回も人気作品展に行くときの鉄則、開館時間までに着いてを守り、あまり待たずに、振り返りながら作品を観なおす“ヨユウ”でした。
☆・・・ 太平
スポンサーサイト

テーマ:絵画 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hoyo2000.blog50.fc2.com/tb.php/29-bf6eeeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。