プロフィール

 ♪ 鹿児島 太平 ♪

Author: ♪ 鹿児島 太平 ♪
  ☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆  卒業後中間点京都で会っていた友。何かに誘われるように、それがとても貴重であった。それぞれ仕事と家庭と忙しなく会えぬ時も長かった。その後、友は千キロ先の南の地に下った。が、運よく、出張、研修が二人の距離をまた縮めた。「やーTooru」(^0^)  「よー太平」(^_^)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

∞ 朋友コミュニケ (^Q^)
鹿児島と江戸下町に住む朋友とその仲間たちの記録 (若い奴よりもギラギラ耀いて、金持ちよりも優雅に、躓き後悔多々あれど、友よ、仲間たちよ、「萌え」・・♭・・♯・・ろ!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄氷を踏むきわどさの中
 Kana 様

 何をおっしゃいますか。日々、定年までの子育てに後いくら稼がねばならないかと、馬車馬のような悲しい性の日々でございます。これも子孫繁栄のためとあきらめつつも、あれもこれも好き勝手にできず、律儀に封印の掟に逆らえぬ今日この頃でございます。

 まあ、成城婦人(子弟が成城学園に通うブルジョワジー)HIDEKOさんは別格として、方南町のEさん、野方のOさんとこちトラは明日をも知れね風船みたいなもんで、薄氷を踏むきわどさの中に何とか50過ぎまで生きながらえている有様です。

 まあ、そんな赤貧(3人の娘曰く、「父はお坊ちゃま、私たちは我慢ガマンの生まれ」)がこの先も続きそうで、せめてたまには楽しくと思っておりますので、お時間の許す限りまたまた是非、絶対に来てください。待ってまーす。


*追伸 Eさんと皆様へ 

 昨晩はありがとうございました。翌日、「子供の家電製品を購入する」と言っていた西田のTooruと秋葉原で待ち合わせ、昼飯を一緒にとった後「電車男」オタクの気分を味わうべく、メイド喫茶へ。
 まあ、それだけのことでしたが、働く時間は長く、楽しむ時間は少ないまま羽田に向かう朋友を送り、先程帰ってきました。
 ワインまだまだいろいろ眠ってますので、機会がありましたら、また持参します。

 ☆・・・ 太平




スポンサーサイト

テーマ:萌え - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hoyo2000.blog50.fc2.com/tb.php/7-0a6407f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。