プロフィール

 ♪ 鹿児島 太平 ♪

Author: ♪ 鹿児島 太平 ♪
  ☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆  卒業後中間点京都で会っていた友。何かに誘われるように、それがとても貴重であった。それぞれ仕事と家庭と忙しなく会えぬ時も長かった。その後、友は千キロ先の南の地に下った。が、運よく、出張、研修が二人の距離をまた縮めた。「やーTooru」(^0^)  「よー太平」(^_^)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

∞ 朋友コミュニケ (^Q^)
鹿児島と江戸下町に住む朋友とその仲間たちの記録 (若い奴よりもギラギラ耀いて、金持ちよりも優雅に、躓き後悔多々あれど、友よ、仲間たちよ、「萌え」・・♭・・♯・・ろ!)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ勝沼ですね
  太平さん

 その後 鰻にはありつけたのでしょうか?
いつも 楽しいお話ありがとうございます。おもわず笑ってしまいました。自転車で町を探索なんていいですね。

 いよいよ 日曜日は勝沼マラソンですね。
 今のところお天気もよさそうで甲府地方は晴れマークが出てますね。
少し暑くなるかも知れませんね。ウェアーは短パンorハーフパンツに半そでTシャツで大丈夫だと思います。最初寒いようでも走っていると暑くなります。只、用心のため長袖シャツも用意したほうが良いと思います。それと 手袋もあると良いと思います。意外と手が寒かったりします。晴れていれば多分いらないと思いますが。
 私達が以前走ったのは2週間前の10月3週目だったのですがランパン・ランシャツでも暑かったです。ゴール後は汗が冷えると思うので暖かい上着があるといいでしょう。着替えは更衣室なるものはないので荷物を置いたところで着替えます。そういう時男性はいいですね。

 幸運にも私も日曜日休みになったのでおとうさんと私も藤岡の仲間と太平さんの応援に行きます。総勢8人(走る人4人 見る人4人)で車で行きますのでゴールしたら一緒にワインで乾杯しましょう。愉しみです。
 6時藤岡出発の予定なので8時半過ぎには現地到着の予定です。
着いたら携帯で連絡します。
                      ★・・・そば職人内

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

「おいしい鰻を食べたい」 南千住『尾花』
  上州そば職人様

 勝沼ぶどう郷マラソン大会の参加受付票と電車の乗車票が届きました。
着替えの荷物ことや、この時期甲府で走るのが短パンTシャツでいいのかとまったく未知の世界。何せ、番号で認識されることなど、ここのところとんとなかったものですから。まあ、「10キロ1時間20分、完走目指し!」マイペースで走ります。わからないことだらけなので、近づいたらいろいろ教えてください。

 二週間前の月曜日、カミさんが「おいしい鰻を食べたい」と言うので、秋の日和に任せ、即断にてサイクリング方々南千住の『尾花』行きを決定しました。出発前に念のためパソコンで調べたら、(どちらかの)日頃の行いが災いしてか、意気込み砕かれ『月曜日定休』との冴えない結末と相成りました。
 涎の分だけ、「行けなかった店の味は、おお旨で悔しく哀しく」 「また今度」という台詞が味気なく響きました。

 日改め、休みを取り、「キーキー」と近所迷惑なブレーキの音も省みず、蒲焼の香ばしい匂いを鼻でヒクヒク追いながら、本日大川を渡り行って来ました。

 ジャ、ジャ、ジャーン・・・。

 カミさんのなのか自分のなのか、ままなんという凶運、「本日店内改装」のため臨時休業??? 自転車だったので、倍疲れた感じでした。

 本来なら、蒲焼の満腹感を残したまま、近くの吉原見物(ハイ、江戸名所探訪です)となるところでしたが、本日はバラ寿司で間に合わせ大門へ。吉原の名は知っていましたが、行くこともなかったので、いい機会でした。

 「ふむフム」と、幾つか名所を見て参りました。金にもものの役にもたたない、通人の域の粋な生き方が、おかしなそんな雑学が少し増えただけでしたが。

http://www.tocera-sky.co.jp/dt_obana.htm

                  ☆・・・太平

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

涼風に誘われて、動き始めたところです
  太平君  

 09/17に、「秋祭り」と「豊饒」と、いずれもキレイなカラー・フォト付きで、楽しいメールをありがとう。相変わらず生活を楽しんでいる様子が、ありありと判ります。当方は歳のせいか、盛夏のうちは、息をひそめて家の中で刻をやり過ごしていましたが、昨今はやっと涼風に誘われて、動き始めたところです。では、お元気で。またメールをください。 
       ★・・・シブタニ  

テーマ:自然に沿った生活習慣 - ジャンル:心と身体

旬の味が迸り、暇なしの感
  シブタニ先生

 先週ゴルフ帰りに、いつもの仲間といつもの梨屋に寄りました。
 家で食べるということで、傷アリものを幾つか、いえ幾十か買いました。この季節、市としては生産量�1の白井市のいつもの梨屋で、千円札一枚で買うのが毎年のこととなりました。(家族もこの季節だけは、ゴルフに賛成の様子です)

 皮を剥くときに多少凸凹ができますが、味は同じです。聞けば「豊水」後の「新高」も9月いっぱいとのこと。淋しいものだなーと思っていたら、その友人が、「梨が終わったら柿…果物の中では柿が一番好」と嬉しそう。

 富有柿、巨峰、田舎の大きな栗の木、叔父さんのふるさと山形の「ふじ」、鹿児島からのタンカン…。

 当たり前の様でありながら、思えば、いろいろな旬の味が迸り、暇なしの感があります。

 やはり、以前その友人から、「家族でイラクに赴任していた時に、イスタンブールのホテルのレストランに行った時の話があって、子供たちが、他のものには目もくれずサクランボを飽きることなく食べた」とのことでした。果実のように、そのものがうまいと感じる生の味はありがたく、嬉しいものを食べたようなそんな気がします。

 そう思っていたら、三連休中日の日曜日の今朝、
「宅配便、何かしら…?」と言うカミさんの声。玄関に顔を出すと、
「太平さんがまたつまらない物、頼んだんじゃないの?」
(つまらぬ通販で前科○○犯)
 思わず一歩下がり、視線はあらぬ方向に。
「『りえ』って書いてあるわよ」
(ああ!)「忘れてた」

 …以上が、まだ夢かうつつの彷徨える中での出来事でした。

 りえとは、ツアーコンダクターをしている姪で、ハワイに行く仕事があるとのことで、ついでに頼んだかどうかだった。そのパパイアだったのでした。
 ダンボール箱を開けると、副産物がありました。ハワイの新聞がパパイヤを包んでいたのです。中でも、スーパーの安売りチラシが面白かったです。

 台湾で冷凍した皮無しカジキ Mahimahi Buy! Skinless $6.97

 Sauce Mix S&B Curry $1.49  (小さい字で)「ちゅうから」 
 Without coupon $1.79

テーマ:果物・フルーツ - ジャンル:グルメ

藤原正彦氏のこと
 西田の朋友へ

 藤原正彦の「国家の品格」読みました。昔から、横道にそれる悪い癖がありまして、正彦氏が新田次郎の次男であることに興味を持ちました。
 正彦氏の突拍子もない発想や人情的な感覚が面白いと感じたのは、竹村健一の報道2001を観たときに思いました。そういえば、随分前にタイ大使をしていた岡崎久彦が面白いと言っていたのも西田の朋友でした。

 司馬さんがまだ産経新聞の文化部で駆け出しの記者をしていたときに、新田さんに連載を書いてもらおうとして断られたことを以前呼んだ記憶があります。その時、新田さんは気象庁勤めの現役でした。私は、遅ればせながら、富士山頂気象レーダーの建設をNHKの挑戦者たちで観て、「ええ!」と思いました。あの責任者が新田さん(藤原寛人)だったと。
やり遂げることの意志の強さに妙に感激しました。

 その新田さんが、妻が書いているからと小説を書くようになった。処女作「強力伝」でいきなり直木賞。この作品も、面白いのですが、私には戦後ベストセラーになった藤原てい(正彦氏の母)が書いた「流れる星は生きている」が心に残ります。
 新田婦人のバツグンの記憶力のよさが土台となって、満州からの引き揚げ記録が時を刻むように語られています。最初、「引き揚げ?暗いなー」と思いながら読んだのですが、文体は軽く明るくわかり易く、戦前のモラルのある勝気な婦人の日常に触れて、「ああ、こういうところがベストセラーになったんだな」
と感心しました。

 藤原ていの作品は、「流れる星は生きている」以外はこれといってないのですが、ていは遺書のつもりでこの作品を書いたと語っています。三人の子の命を何とかともしながら引き揚げ、その後、三人の子達は皆家の近くに住んでいるとのことです。
 ハイ、90近くですがまだご存命中です。残念ながら、だいぶ前から認知症で療養生活を送っているとのことですが。

 また、面白い本がありましたら、教えてください。横道にそれると思いますが、読むつもりでおりますので。
                       ☆・・・太平      

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。